鳳神ヤツルギ
大和タケル/花田 俊(はなだ すぐる)


鳳神ヤツルギは、木更津・千葉を守る正義の神の力を持った戦士。鳳凰(ほうおう)の化身でもあり、炎の力を操ることが出来る。ヤツルギに変身する大和タケルは、地元である木更津を愛する青年。職業は、木更津海上保安署の保安官。ヤンチャながら正義感あふれる性格。あまり後先考えず行動してしまうため失敗も多い。 明るい性格だが、実は過去に秘密が・・・
天神キサラ
橘 マリ/辻 彩加(つじ あやか)


天神キサラは、ヤツルギを助け、共に戦う戦士。風の力を操ることが出来る。キサラに変身するマリは、大和タケルの幼なじみ。ハッキリ物を言う強気な性格だが、常に他人の事を思いやる優しさを持つ。いつも無茶をするタケルのストッパー役にもなっている。保育園の保育士の仕事をしながら、八剱神社の手伝いをしている。
哮神ガイオン
獅子堂カイト/新田 匡章(にった まさあき)


哮神ガイオンとは、災害・局地救助用として獅子堂重工が開発した防護服を、獅子堂カイトが戦闘用に改造した強化スーツ。ガイオンを装着するカイトは、タケル・マリとは学生時代の同級生である青年。性格はクールながら熱い心を持っており、相当な負けず嫌い。父が経営する獅子堂重工の一研究員として、災害救助用強化防護服の開発を行う。
閃神エルナ
七海 碧生/藤田 薫子(ふじた かおるこ)


閃神エルナとは、ガイオンと同コンセプト(災害・局地救助用)の別ラインで研究開発されていた強化スーツである。カイトの同僚である女性研究員の七海碧生が装着する。
穂積太郎/矢那居 秀樹(やない ひでき)

獅子堂重工の研究員で博士号を持ち、カイトと共に強化防護服の開発をしている。性格は非常に穏和で、争いを好まない平和主義者。
穂積ヒメ/辻 加純(つじ かすみ)

獅子堂重工研究員である穂積太郎博士の一人娘。父親に似て争いを好まない性格ではあるものの、いじめっ子は許せず、守るためにケンカすることもある。
大碓マコト/豊島 歩(としま あゆむ)

タケル・マリ・カイトたちの兄貴分的存在で、八剱神社の宮司を務める男性。タケル達の道を示す役割を背負う。
ゴーガッシャー

銚子からやってきた銚子電鉄のヒーロー。今作では恐怪帝国の影響で増えたマナー違反の人間達を元に戻すため、ヤツルギと力を合せて戦う。武器はチョウデンキャリバーという大剣で、疾走レインボートレインが必殺技だ。
ドライザー

ペンダントの中眠っていた勇気を司る戦士で、本来は袖ヶ浦を中心に戦っていた。現在は勇気を見失った者達を救うために勇気の試練を与えている。真の姿は真紅の鎧に身を纏っており、爆龍棍で悪と戦うぞ。
ミニキサラ

黒ヤツルギの攻撃で昏睡状態となったマリから、穂積ヒメが力を受け継ぎ、一時的に変身した姿。力はキサラに及ばないが、それでもハッチー兵と渡り合える力を持っている。
恐怪帝国 幹部
ヤジューロウ/冨江 洋平(とみえ ようへい)


皇帝に作られた幹部の一人で陸上の生物を司(つかさど)る。キザで自意識過剰でクールな性格。知的に見えるが基本的に頭はあまり回らない。極度の負けず嫌いで減らず口ばかりを叩く。人間を毛嫌(けぎら)いしており、皇帝を復活させ、人間達を支配下に置くために働く。
恐怪帝国 幹部
ウシオラ/紫水 杏奈(しみず あんな)


皇帝に作られた幹部で水中の生物を司る。ワガママで面倒くさがりだが、何事にも熱しやすく冷めやすい性格。一見適当で馬鹿そうに見えるがその裏では計算高く陰謀を企む。 男幹部とは反りが合わず、よくケンカをするも、仲間意識は高い。 人間を毛嫌いしており、皇帝を復活させ、人間達を支配下に置くために働く。
恐怪帝国 幹部
ジャンクーガ/西間庭 惇(にしまにわ じゅん)


皇帝に作られた幹部で空の生物を司る。他の幹部に比べてまだ若く、じっとしていることが我慢できない好戦的な性格。ヤジューロウと同じくさほど頭がいいわけではない。そして他が人間を毛嫌いしている程には考えてはいない。たまに他の幹部を「年増」と呼び、威圧されることもしばしば。
ハッチー兵

恐怪帝国の戦闘員。昆虫のハチがモチーフとなっている。
タートルフィアー

亀がベースとなった強欲の化身である恐怪獣。 恐怪帝国が封印される前から存在する唯一の恐怪獣で、大地を通じて、みんなの中にある強欲の心を大きくし、物の奪い合いを引き起こす力を持っている。
フィアーウルフ

狼がベースとなった虚飾の化身である恐怪獣。 みんなの中にある虚飾、すなわちウソをつく心を大きくして、ウソでみんなのつながりを壊してしまう。
イカフィアー

イカがベースとなった傲慢の化身である恐怪獣。 人々の中にある傲慢の心を大きくし、人々がワガママとなって社会を混乱させてしまう。
フィアーラビット

ウサギがベースとなった怠惰の化身である恐怪獣。 本人が一番やる気がないのが短所だが、人の怠けたい・休みたいという心を大きくすることによって、行動意欲を無くさせることが出来る。 恐怪獣の中では初めての女性型である。
フィアーバイソン

ウシがベースとなった憤怒の化身である恐怪獣。 みんなの中にある怒りの心を大きくし、些細なことで怒らせ、喧嘩をさせたり、互いに傷つけあわせる恐ろしい力を持っている。
フィアークック

ニワトリがベースとなった臆病の化身である恐怪獣。 人々の勇気の心を吸収し、臆病にさせる能力を持っている。
スネイクフィアー

蛇がベースとなっている不信の化身である恐怪獣。 スネイクフィアーの力は人間達の中にある疑心を膨らませ、相手との信頼、自分自身への信頼を失わせる恐ろしい能力である。
イーグルフィアー

鷲がベースとなっている侮蔑の化身である恐怪獣。 それまでの恐怪獣に比べ、かなり強化されて誕生しており、ヤツルギ相手に優勢に戦いを進め、凰火焔刃を奪うなどの活躍を見せた。
黒ヤツルギ

フィアークックが吸い込んだヤツルギの心のエネルギーが結晶化し、そこから生まれた黒い姿のヤツルギ。皇帝復活には興味が無く、ヤツルギの怒りを引き出す為に、傷ついたキサラを容赦なく痛めつける冷酷な面もある。
フィアーパンダ

パンダがベースとなった大食の化身である恐怪獣。 お腹がすいているとまるで力が発揮できないが、お腹が膨れてくると凶暴化し、戦闘力も飛躍的に上がる。
デモンフィアー

ヤジューロウとウシオラが恐怪帝国皇帝によって一体の恐怪獣にされてしまった姿。ヤジューロウの戦闘力とウシオラの知識を持ち合わせる最強最悪の恐怪獣である。戦いで成長したヤツルギ達が全力をぶつけないと勝てないほどの強敵であった。
ディスカード

恐怪帝国の始祖でありかつて神々に封印された邪悪な存在。心を持つ人間達を恨み、地上から人間達を消し去ろうとしている。もともとは人間達が捨てた悪い心が一つに集まった存在であり、それが自我と肉体を持ち、ディスカードとなったのだ。


過去のシーズン